私たちにできること

超高齢化社会といわれるこの時代において、介護を受ける側、介護をする側ともに、多くの不安やストレスを抱えながら日々の生活を送っているように感じます。『介護に関わる不幸をなくしたい』というのが私の願いです。受ける側、支える側が抱えるそれぞれの課題をどのようにすれば解消できるだろうか。答えは1つではないと思います。まずはできることを始めようと思い会社を立ち上げました。

 

私たちは、厚生労働省の推奨する地域で介護を支えていこうという地域包括ケアシステムに則り、在宅医療と介護のをつなぐ『コーディネーター』という担当者をおくことにしました。介護が必要な方、そのご家族、地域の介護事業所、医療機関、街の民間企業、商店をつなぎ合わせ生活をサポートします。

いつまでも住み慣れた環境で暮らしていくためのお手伝い。まずはご本人に元気でいてもらう。自分でできることは自分で頑張って頂く。オムツではなくトイレまで行って用をたす。車いすからベッドに移る。日常の生活動作1つ1つが、要介護状態の方にとっては大変な戦いですが、常に助けを待っていると、助けがなければできないという状況になってしまいます。筋力が弱くなってきたり、関節が固くなってきたときは私たちが訪問します。

 

介護する側、受ける側のみなさま。なにかご不自由、お困りごと、不安なことがあれば、抱え込まずご相談ください。みんな初めての経験です。地域の力で解決しましょう。

 

在宅リハビリマッサージ ライフ

代表 真崎裕介